ゴスペルフラダンス
HOME | GospelHula
最終更新日 2017-10-27
芦屋フラダンス

ゴスペルフラダンス ~ナロケオカロナフラハラウ~

 フラダンスはほかの運動に比べ動きがゆっくりなので子供から妊婦・年配の方まで幅広い世代が一緒に体を動かしながら楽しむことができます。
また、自然を感じるゆったりとした音楽に合わせて笑顔で踊ることがフラダンスの特徴なのでレッスン中はもちろん、自宅での練習中もリラックスしながら笑顔で踊ることができます。
 
 2006年、芦屋浜ファミリープリスクールのママさん達のために始められたグループです。発足当時から、ハラウを指導している深井シャロン先生はハワイ、ホノルル出身の日系3世です。彼女を中心にケイキ(子供達)とワヒネ(女性陣)が毎週楽しくゴスペルフラを学んでおり、お互いがオハナ(家族)のような存在です。

 
芦屋浜夏祭り2016のフラの発表会
 

 今年2016年の芦屋の夏祭りにて、市長との貴重な1枚

 

クラス紹介

ナロケのスケジュール

先生紹介

 
シャロン・フカイさんはハワイ出身の日系3世。『芦屋浜ファミリー・プリスクール』(『NPO法人ファミリーエデュケーションネットワーク』)や、母と子どもの英語クラス(BabyClub)の先生も兼任。穏やかな微笑みで子どもはもちろん、ママたちの信頼もたいへん厚い先生です。

 ゴスペル・フラってなに?


フラはもともと神様にささげる神聖なもの、いわばスピリチュアルな世界にあるものですが、ここでいうカミサマは昔からハワイの人々が信じていた自然の中にある神様。
一方ゴスペル・フラは、そのカミサマがイエス・キリストに限定され、ささげるというよりは、生きる喜びを互いに分かち合い神に感謝することを目的にしているとのこと。そのためか、曲もいわゆるハワイアンだけではなく、耳になじみのあるゴスペルソングやクリスマスミュージックも使われます。

フラダンス広告